KAMAJYAのTAKEZOO帝国

GT船「KAMAJYA」船長TAKEZOOのブログです。

解答だにゃ~!

前回のブログで、夢の島釣行先で見つけた珍しい魚体についてのクイズに、沢山のご応募を(笑)を頂きました。
それでは、解答です。

これは間違いなくカッポレです。なぜか沖縄にはすごく少ないのですが、一回友人が釣っているのを見ました。では、水産学部卒業の水産学士Takezooのお魚講座です。あるWEB図鑑よりカッポレについて調べると
20071005054709.jpg



■体高は高く、頭部背縁は眼の前方で急に下降して、ややへこむ。稜鱗は黒い。また体色は黒っぽいものと、茶色っぽいものの2型がある。あまり大きくならず全長50cmくらいで最大寸だと思われる。
■熱帯域に多く、日本では小笠原に多い。「かっぽれ」というのは、もともと小笠原でロウニンアジのことを指したので、釣り人は、ロウニンアジのことを「かっぽれ」と呼ぶことが多いが、標準和名のカッポレは本種なので、混乱しないように注意しよう。また、体色が黒っぽいのが多く、俗に「くろかっぽれ」とか「くろひらあじ」と呼ばれることも多いが、クロヒラアジという魚もいるので、これも混乱をしないように注意しよう。

また別のサイトでは
通常釣れてくるのは、2~4kg。まれに5kg以上の良型もいますが、やはり磯ぎわの魚なのでしょうか、磯では10kgを超えるものも釣れることがあるようです。いったん釣り針にかかると、モーレツなおかつ縦横無人に暴れまわり、それこそ釣人が「かっぽれ踊り」を踊るようなので「カッポレ」と名付けられたという説と、そのあまりの美味さゆえ、食した人が思わず「かっぽれ踊り」を踊り出してしまったというふたつの説があるよう。いずれにせよ、釣ってよし、食してよし、姿よしの、船長いわく「超カッコイイ~」魚です。


ではまとめて見ますと、あの写真はカッポレです。GTとカッポレを間違えているのはインターネットで検索しても多数出てきますが、別の種類です。体高と特に頭部のへこみが何よりの証拠ですね。
GTとの違いは大きさ。
こんなでかい魚体はありえない。どのサイトでもこんなにでかくなるとは書いていない。
それから食味。
うまいらしいです。

へ~!なお魚講座「カッポレ編」でした。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/05(金) 05:49:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ウィンドサーフィンだにゃ! | ホーム | 日本に天国はなかったでござる!>>

コメント

う~前回カッポレって入れようとしたら、「反則です!」と出てきてカキコできなかった~。
やはりカッポレかぁ、でけぇ
  1. 2007/10/06(土) 11:51:52 |
  2. URL |
  3. タカ #-
  4. [ 編集]

カッポレ

小笠原に多いんですょね!
食べても美味しい。
ナークゾネの★★★と言うポイントは水深★★★mですが年中釣れるみたいです。
そんなところで。
  1. 2007/10/06(土) 21:02:08 |
  2. URL |
  3. 悪役商会 #FvLIUmYM
  4. [ 編集]

タカ様
悪役様

コメントありがとうございます。糸満でもジグで釣れていました。だからいることはいるのですが、本当に数は少ないはず。
でも、このサイズは見たことがありません。
ちなみに、夢の島釣行。自分達が帰って次のお客さんたちは30キロ以上が15本キャッチだそうです。
つくづく、GTアングラーに必要なのは、
技術、
タックル、
メンタル、
いえいえ、
やっぱり運ですね。
多分来年もこの夢の島釣行は続けると思いますが、来年も貧果に終わるような気がします。
  1. 2007/10/06(土) 23:21:41 |
  2. URL |
  3. Takezoo #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ulua2.blog81.fc2.com/tb.php/56-14c9499c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)