KAMAJYAのTAKEZOO帝国

GT船「KAMAJYA」船長TAKEZOOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GTうんちく グローブについて

長年GTフィッシングをやっていると、ちょっとだけ詳しくというかGTフィッシングにまつわる雑学を知ることになります。

ちょっとづつ、こういう情報を皆さんにお知らせしようと思います。


で、第1回目のテーマは「グローブ」

GTやるときは、みんなグロープを付けています。

もちろん、必需品と思われているグロープの効果は

①キャスト時に指をかける人差し指の保護

②GTフィッシング中の様々な場面での手の保護

③グリップ力???


回りくどいことをやめて、結論から行きます

①→グローブの効果はコレ。指が痛くならないように。

②→いつけがするかわからないから、これも正解!

③→これが大うそ


長年GTガイドをしておりますと、巨大魚とファイトするシーンをたびたび見ることになります。そして、初心者や巨大魚とのファイトに慣れていない人は、中にはGTとのファイトに敗北し友達に助けてもらうシーンなども良く見ます。
では、体力的にGTに敗北するとき、どこが一番にダメになるかというと・・・

握力

そう、握力が悲鳴をあげ、ロッドが握れなくなります。

そして、この原因の諸悪の根源は実は「グローブ」なんです。

ロッドのグリップは、通常EVAというスポンジのような素材。そしてこのEVAを握る場合、素手が一番楽なのです。

どんな高性能な、高価なグローブより、素手。これは間違いありません。


グローブを信用している人には、「うそ~」と思われるかも知れませんが、GTとのファイトに入った時に、早々にグローブを外し、素手になるとまず握力の問題はなくなります。

実は、僕は昔からウィンドサーファーなのです。
冬の寒い時期、当然手はかじかむわけですが、グローブはつけません。なぜなら、グリップのEVAが握れなくなり遊べなくなるので・・・

コレ、ウィンドサーファーの常識。(実際にはウィンドサーフィン用の冬用グローブは存在します。ミトンで手のひらはあいており、素手でEVAが握れるようになったものがあります)


で、僕が使っているのは・・・
s_NCM_0006.jpg
色が黒なので、わかりずらいですが、いわゆる「イボ付軍手」
1ダースで380円

これを勧めるわけではありませんが、指や手を保護するという意味では、この軍手でもOK。

そして、GTとのファイトに入ると、この軍手を口にくわえて素早く脱ぐことができる。これが一番大事なこと。



意外に知られていない、グローブの副作用についてのうんちくでした。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/04(木) 10:36:05|
  2. うんちく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<釣果報告 4月11日 | ホーム | 釣果報告 4月3日>>

コメント

小田っち、口を使って軍手を脱ぐのは止めなさい。また前歯が折れてしまいますよ。
  1. 2013/04/04(木) 12:57:52 |
  2. URL |
  3. 市川海老蔵 #-
  4. [ 編集]

海老蔵様
最高級人工の歯は強力です。
  1. 2013/04/04(木) 23:29:55 |
  2. URL |
  3. TAKEZOO #-
  4. [ 編集]

見た瞬間、同意!
同じ考えの人(船長)がいた事に感動!
実は、先日自分が使用してたグローブは農園用です(笑)
次回は、外せる様に頑張ります。
  1. 2013/04/05(金) 15:59:35 |
  2. URL |
  3. Yamada #-
  4. [ 編集]

昔、どこかのオリンピックの女子マラソンで優勝したQ太郎という選手は、ラストスパートの際、かけていたサングラスを投げ捨てたそうです。これを合図に気合を入れてオリンピックで優勝されました。
ぼくの場合、軍手を脱ぐ。これが気合の一瞬であり、最高の一瞬です。
次は、グローブ脱ぎ捨ててください(^_^;)
  1. 2013/04/05(金) 16:03:26 |
  2. URL |
  3. TAKEZOO #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ulua2.blog81.fc2.com/tb.php/471-d5b5ee13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。