KAMAJYAのTAKEZOO帝国

GT船「KAMAJYA」船長TAKEZOOのブログです。

GTうんちく グローブについて

長年GTフィッシングをやっていると、ちょっとだけ詳しくというかGTフィッシングにまつわる雑学を知ることになります。

ちょっとづつ、こういう情報を皆さんにお知らせしようと思います。


で、第1回目のテーマは「グローブ」

GTやるときは、みんなグロープを付けています。

もちろん、必需品と思われているグロープの効果は

①キャスト時に指をかける人差し指の保護

②GTフィッシング中の様々な場面での手の保護

③グリップ力???


回りくどいことをやめて、結論から行きます

①→グローブの効果はコレ。指が痛くならないように。

②→いつけがするかわからないから、これも正解!

③→これが大うそ


長年GTガイドをしておりますと、巨大魚とファイトするシーンをたびたび見ることになります。そして、初心者や巨大魚とのファイトに慣れていない人は、中にはGTとのファイトに敗北し友達に助けてもらうシーンなども良く見ます。
では、体力的にGTに敗北するとき、どこが一番にダメになるかというと・・・

握力

そう、握力が悲鳴をあげ、ロッドが握れなくなります。

そして、この原因の諸悪の根源は実は「グローブ」なんです。

ロッドのグリップは、通常EVAというスポンジのような素材。そしてこのEVAを握る場合、素手が一番楽なのです。

どんな高性能な、高価なグローブより、素手。これは間違いありません。


グローブを信用している人には、「うそ~」と思われるかも知れませんが、GTとのファイトに入った時に、早々にグローブを外し、素手になるとまず握力の問題はなくなります。

実は、僕は昔からウィンドサーファーなのです。
冬の寒い時期、当然手はかじかむわけですが、グローブはつけません。なぜなら、グリップのEVAが握れなくなり遊べなくなるので・・・

コレ、ウィンドサーファーの常識。(実際にはウィンドサーフィン用の冬用グローブは存在します。ミトンで手のひらはあいており、素手でEVAが握れるようになったものがあります)


で、僕が使っているのは・・・
s_NCM_0006.jpg
色が黒なので、わかりずらいですが、いわゆる「イボ付軍手」
1ダースで380円

これを勧めるわけではありませんが、指や手を保護するという意味では、この軍手でもOK。

そして、GTとのファイトに入ると、この軍手を口にくわえて素早く脱ぐことができる。これが一番大事なこと。



意外に知られていない、グローブの副作用についてのうんちくでした。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/04(木) 10:36:05|
  2. うんちく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

LCCについてのうんちく

どうも、冬休み中のTAKEZOOです。

今日は、最近はやりのLCCについて私TAKEZOOはかなり使っておりますので、その特徴や注意点などをお知らせしたいと思います。

LCCって今更ですがローコストキャリヤの略で、安い航空会社です。

どれほど安いかって、もうぶっちぎり。

以前まで安いといわれていた、スカイマークが全く存在感がなくなるぐらいです。ちなみにその安さですが

沖縄~大阪、成田などの国内としては結構な長距離ですが、おおよそ5000円前後です。もちろん、受託手荷物は別料金ですし、そういうのを足しこんでいくと、もう少し高くなりますが、それでも8000円以内で行けてしまいます。
バーゲンの時は更に安い!

沖縄~関西で2980円とかもたまにあります。

しかも、通常の航空会社は平日とか閑散期は安くなってても、年末年始とかGWはこれでもかって、滅茶苦茶高くなります。しかし、LCCも確かに少し高くなりますが、年末年始でも沖縄~大阪がだいたい10000円以内で行けました。

この安さだから、先日はふらっと北海道にスキーに行ったりできるわけです。

では、LCC各社の特徴および注意点をお知らせします。


ピーチ及びジェットスター両社に言えること。
①機内の席が狭い
狭くて当たり前。安いんだから文句いうことではありません。これが嫌なら高い航空会社を使いましょう。
②HPの予約がわかりにくい。WEBデザインがわかりずらい。
LCCの特徴なのか、従来のJALANAのHPとは全く予約のやり方が違います。これは慣れれば慣れてきますが、最初は???という感じになります。
特にひどいのはジェットスター。
外資の航空会社なので、英語をそのまま直訳したようなサイト中の文章。PCの戻るボタンを押すと、いきなり英語の画面に戻ってしまったりします。
③受託手荷物を予約の段階で、どれぐらいの荷物を預けるのかを確定しないといけない。
もちろん、空港カウンターでも預けられるが、事前に予約の際に依頼するのと比較すると、ぜんぜん価格が高い。
④予約確認書を印刷して持参しないといけない。
厳密には、予約番号と身分証明書があればOKのようですが、基本的には印刷が必要。
従来のJALANAのように、決済したクレジットカードだけでは、搭乗できません。


ピーチアビエーション

①欠点
少なくとも関西空港および那覇空港はLCC専用ターミナルからの発着になります。
これが結構面倒。従来の飛行機に乗る感じでギリギリに空港に到着すると、遅刻します。例として那覇空港の専用ターミナルは空港から専用のバスでないと入れないところ(貨物のゲートの先)にあり、10分ぐらいの所要です。結構遠い。
関西空港も同様でバスで10分程度。結構遠い。但し、関西空港の専用ターミナルは直接自家用車が乗り付けられるということはタクシーもOK。

②機内食
パスタとか、しっかり温めて出してくれるので、かなりうまい。私は飛行機代が安いので、せっかくだから機内でリッチに食事とか注文するんですが、これがかなり良かった。

③別料金の受託手荷物
1個当たりいくら。という料金設定でかつ、20Kを超えると釣果料金。超えると結構高いので、受託手荷物は重量を確認しておく必要あり。


ジェットスター
①良い点
ピーチと違い、普通のターミナルから出発できるので、JALANAと何ら変わりなく利用できる。
到着も従来通りのターミナル。
②機内食
前述のように楽しみにしている機内食ですが、ジェットスターはまずい。冷たいで最悪でした。
③LCCだけどLCCらしくないところ。
①もそうですが、LCCを感じさせるところが席が狭い以外にはないという感じ。


といったところです。

何より「安い」ということがすべてですので、接遇についてうんぬん言うのは、筋違いだと思いますが、意外に接遇も普通に良い。という感じです。


で、もう一つ注意点。

予約変更およびキャンセルについてです。

最初の予約の段階で、予約変更可の価格もあります。でも安く行きたいので、そんな価格には目もくれず安い価格を予約したんです。

その後、予約の日付を間違えていたことに気が付きました。


LCCのキャンセルってどうだと思います?

キャンセルは一銭も返しませんだと。

変更については、変更手数料が3,150円更に、料金が安くなっても返しません。

つまり
例)週末で8000円の高いチケットを間違えて購入。

実際には4500円のチケットの日だった。

差額は返さない上に、更に変更手数料3150円つまり合計11,150円
(そのまま変更処理もしないで、新たに予約しても12500円だから、う~ん悔しい)


ということで、LCC予約の際は、変更がないようにしっかり計画してから、手荷物の重量も予想してから予約の作業を勧めましょう!


ということで、LCCについてのうんちくでした。
  1. 2013/01/19(土) 20:00:45|
  2. うんちく
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3